オックスフォード大学クライストチャーチ・コレッジ夏季講座 体験談8

体験談8 2017年度参加 文学部2年 K・Kさん

【授業について】

クライストチャーチ.jpg

「午前」の授業ですが、writing, speaking, listening, readingの四つの技能に毎日触れながら、向上を目指す少人数の授業でした。最初に英語で自己紹介を行いました。この時思うように英語で伝えられずにこの先一か月過ごしていけるのか不安になりました。しかし、ほぼ毎日出る宿題を丁寧に取り組んだり、授業の復習をしたり、英語の分野別にオススメの勉強法を先生に聞いてみたりして工夫して過ごすうちに最後のグループプレゼンテーションでは以前よりかなり思うように英語を使い表現できるようになったと思います。さらに午前の授業では英語の勉強面に限らず、実際に地図を見ながら都市の位置関係を確かめたり、ビデオを見てスコットランドの文化について勉強するなど多岐にわたりました。先生はとても親切で熱心な方でした。先ほどにも述べましたが、オススメの勉強法を聞くと関連URLをメールで教えて下さったり、たくさんの図書や教科書を貸して下さりました。また自分の未熟な英語でも諦めずに私の意図を汲んでいただき、この一か月の英語力上達も先生の熱意あるご教授のおかげであると感謝しています。(⇒右の写真:クライストチャーチ・コレッジの様子)

次に「午後」についてですが、私はBritish Society Today のコースを受講しました。イギリスの家族の形の変化や背景そして、労働や教育と犯罪率を、ジェンダー論を軸に学びました。この授業も午前と同様で少人数でディスカッションすることが多い授業でした。イギリスと日本とを比較することが多々あったのですが、一番の驚きはイギリスの離婚率の高さでした。結婚しても約半数の人が離婚します。日本とは違い離婚しやすい制度ではあるのですが、私の予想とはかなり異なっていました。またこのコースの中で特に詳しく学ぶことができたのは、ジェンダー論です。日本にいる間、このテーマにあまり触れたことがないために勉強になることが多くありました。労働の昇進における「見えない天井」についての議論をしたり、prostitutionの各国のあり方を比べてみることもしました。イギリスの社会に関するトピックを扱うので前もって知識を用意しておく必要があったと後悔しました。議論する上で知識や基本の考え方を持ち合わせていなくては深い話はできません。そのような点で当たり前ですが日ごろの準備の大切さも重要であると感じました。

【放課後について】

オックスフォード探検やパンティング、フットサルをしたりするなど、勉強だけでなく外へ出てイギリスの生活を体験しました。私はこの時間にテニスをしたいと思いテニスラケットを値切ろうとしたり、現地の人にどこで一番安く買えるか聞いて回ったのもいい経験になったと思っています。また夕食までの間、クライストチャーチの近くにあるBodleian Libraries で勉強しました。閑静なBodleian Libraries での勉強はとても集中して行うことができました。夕食後の時間も有意義な時間であったと思います。クラスメイトと宿題をしたり、現地の大学生とpubへ行ったりして仲を深めました。また昼間と夜間で街の雰囲気が変わるのも興味深く思います。近くのショッピングモールをみると昼間は観光客などがたくさんいて賑わっていますが、夜間になるとお店の前にホームレスの人達が地面に座っている姿を見ました。いつも同じ場所で同じ曲を歌っているおじさんもいました。このような街の姿を見ることができるのも一か月滞在したからこそであると思います。

【休日について】

基本的に観光をしに行きました。ロンドン、ウィンブルドン、バース、コッツウォルズです。ロンドンでBig Ben等の有名な建物を中心に観光をし、ミュージカルも見ました。観光をしていて思ったことは日本と比べて路上で喫煙している人が明らかに多いことです。このような文化の違いも実際に行ってみないと感じられないことなので貴重な経験でした。そして、気になったことは、セルフレジがどのコンビニエンスストアにもあることです。しかも現地の人は進んでセルフレジを使っていました。日本では普及していない上に、あまり使われていないため二重に驚きました。

                                                                        コッツウォルズ.jpg   バース.jpg

                           (コッツウォルズとバースの景観)

【最後に】

3つに分けて活動を報告しましたが、このプログラムが自分にとって刺激的であったと感じる要因がもう一つあります。それは一緒にこのプログラムを受講した仲間であります。向上心の高く、個性豊かな仲間達とともに一か月勉強した環境から学ぶことは大きいです。それは人生観であったり、将来の目標です。そして、私もこの留学で得た様々なことを生かしていきたいと思います。

 

体験談一覧に戻る