留学(帰国)後の手続き

1. 学内手続き

下記の手続きを帰国後、直ちに行ってください。なお、手続きについての詳細は、留学前に所属学部・研究科の学事担当に確認してください。

  1. 「就学届」の提出(学生証の更新)
  2. 履修申告(履修申告が可能か否かは帰国の時期によって異なります。)
  3. 単位認定申請(学部・研究科によっては希望者のみ)

2. 留学生活の振り返り

留学の目的は達成できたか、留学で得たものを今後のキャリアにどのようにつなげたいのか 等、留学生活を振り返ってまとめてみましょう。留学から帰国した直後は、様々な手続きを行った り、就職活動を始めなければならなかったりと忙しいこともありますが、帰国後、早いうちにまず 振り返ることで、留学経験を自分自身の中で整理し、今後の人生に一層活かすことができます。 振り返る際には、以下の視点から考え、文章に残しておくことがおすすめです。 派遣交換留学生は、留学報告書(提出必須)を書くことで、この振り返りをすることができますの で、帰国後早めに取り組んでください。

- 留学の目標はどの程度達成できたか
- 留学をして得たこと、良かったこと、悪かったこと
- 留学を通じて成長したこと、変わったこと
- 留学経験を今後の進路にどのように活かしていきたいか

3. 学内で参加できる国際交流プログラムへの参加

 国際センターでは、学内で参加できる国際交流プログラムも実施しています。
留学での経験を活かして、留学生を今度はホストとしてサポートしたり、 留学生と一緒に英語で授業を受けることで語学力を維持したり、新たな気づきも得られるでしょう。


留学報告書』、『留学のてびき』、『よくある質問』もあわせて確認してください。