留学した場合の就職活動について

個人の事情(特に帰国の時期)によって異なりますが、以下は2019年度(2020年3月卒)以降の就職活動の大まかな流れ(見込み)ですので、参考にしてください。

2019年度の就職活動は2018年度と同様のスケジュールで行われる予定です。就職活動のおおよその方向性を決める日本経済団体連合会(以下、経団連)の指針では、企業による採用広報(採用説明会等)の開始は「3年生の3月」、採用選考(面接等)の開始が「4年生の6月」と発表されました。

留学から帰国する時期は5~7月がピークとなるため、現行の採用日程では中心時期と重なる可能性が高くあります。通常と異なる就職活動の進め方が必要になるかもしれません。帰国後に初めて就職活動をスタートしようとすると、国内学生との情報量や進捗に差が出てくることは否めません。出発前から余裕をもって積極的に情報収集することをおすすめします。

ただし、企業の採用活動(面接の時期など)は不透明なところもあり、すべての企業が上記スケジュールに沿うわけではないため、注意が必要です。

※採用スケジュールの決定について

これまで採用の指針を策定していた経団連が、2020年度(2021年3月卒)以降は当団体では指針を策定しない方針を2018年10月に発表しました。それを受けて、今後は政府が「就職・採用活動日程に関する関係省庁連絡会議」を開催し、採用に関する考え方をとりまとめることになりました。2020年度は現行日程を踏襲する方針がすでに発表されていますが、それ以降については確定的な発表はされていません。自身で情報収集に努め、最新の状況を把握するようにしてください。

1. 資料請求の登録

各就職情報会社への登録は、Web 上で申し込みを受け付けています。資料の送付先は日本の留守宅の方が無難でしょう。

2. 就職情報会社の活用

大手就職情報会社の一部が、海外で留学生を対象とした採用イベントを開催しています。 米国やヨーロッパの一部の都市(ボストン、ロンドンなど)においては、各企業の採用担当者を 交えてのジョブ・フェアも行われています。

3. 海外の地域三田会の訪問

日本企業の海外支社勤務の方、現地企業に勤務されている方など、塾員の方から教えて頂けることもあると思いますので、各地域三田会の連絡先を出国前に調べて行くことをお勧めします。
連合三田会Webサイト

※ ただし、三田会はそもそも卒業生の方々の交流を目的とする組織であり、在学生の就職支援は本来の活動内容ではありません。 連絡をする場合は失礼のないよう十分に注意してください。
※ 海外に駐在がある企業の業種は限られているため、自身の志望する業界の方に行き当たらない可能性もある点に留意しておきましょう。

4. 企業へのアプローチの仕方

多くの企業がWeb サイト上に採用情報を公開しており、また、資料請求などは就職情報会社のWeb サイ トを通して行う企業がほとんどなので、資料請求や企業研究などをする場合には、インターネットを有効活用しましょう。
 志望する企業がある程度絞れたら、留学先からもしくは出発前でも早めに採用試験受験の意志を示し、帰国予定時期等を連絡して指示を受けましょう。

就職活動の流れ

あくまで一般的なモデルですので、留学先・留学時期・9 月卒業の可否、就職希望業界や希望職種など、個人の事情にあわせて活動を行ってください。また、採用活動の状況や雇用情勢の変化などにより、企業の採用スケジュールに変更が生じる場合がありますので注意してください。
tebiki_job.png

 

*留学帰国年度の翌年度に卒業する場合は、一般学生の就職活動と同様になります。
*上記のスケジュールは 2019 年度 4 年生のおおよその就職活動スケジュールです。
 あくまで見込み(特に面接など実質的な選考活動)ですので、
注意してください。


2015年度~2017年度の派遣交換留学生の卒業後進路一覧は以下の通りです。

留学報告書』、『留学のてびき』、『よくある質問』もあわせて確認してください。 
自分にあった留学実現のために『留学プランニングシート』で留学計画を練りましょう。