2016年度 ノートルダム大学夏季講座

Updated: March 25, 2016

 basilica.jpg   campus birds eye.jpg   stadium.jpg

プログラム概要

● アメリカ中西部の名門校で英語を学び、アメリカについて多角的に学べる!
● 全米トップレベルのビジネススクールの教員による日米ビジネスの授業が受けられる!
● 15名という少人数で密度濃く学べる!

● アメリカ第3の世界的大都市・シカゴへのフィールドトリップを経験できる!

ノートルダム大学は,米国中西部インディアナ州にあり,その高い教育研究レベルが米国内外で評価されています。『US News America's Best Colleges』大学ランキングで常にベスト20に入る名門大学です。元米国国務長官のコンドリーザ・ライス氏の出身校としても,また,著名なアメリカンフットボール選手を輩出するなどスポーツが大変盛んな大学としても知られています。

本講座は,「American Studies」の講義と「US-Japan Business」の講義,そして英語集中研修の3つの柱から構成されます。「American Studies」の講義では,米国中西部の政治,経済,社会,文化の側面に重点を置きながら,主に人種・性別・地理的観点から現代の米国を取り巻く状況について英語で学びます。プログラムの終盤には,米国中西部を代表する世界的大都市であるシカゴへのフィールドトリップも実施されます。「US-Japan Business」の講義では,全米トップレベルのビジネススクールであるUniversity of Notre Dame Mendoza College of Businessの教員により提供され,米国ビジネスの基礎的内容を学ぶとともに,米国と日本における企業哲学や商習慣の比較なども行います。英語集中研修では,総合的な英語力の向上につながる授業に加え,米国の高等教育機関においても通用するようなアカデミックレベルの英語の基礎についても学べます。

2016年度については,「慶應義塾創立150年記念奨学金海外学習支援<短期海外研修プログラム(夏季)参加者対象>」 (((1人あたり20万円),もしくはJASSO海外留学支援制度(協定派遣)奨学金」(1人あたり8万円)ノートルダム大学夏季講座参加者に支給される可能性があります。
 
1. 開講場所
米国インディアナ州サウスベンド ノートルダム大学,およびイリノイ州シカゴ
 
2. 研修日程
2016年8月4(木−8月18(木
(*代行手配便の場合* 日本出発: 8月4日(木),日本到着: 8月19日(金))
 
3. 現地宿泊先
○ ノートルダム大学内の学生寮泊 (8月4日(木)−8月14日(日)) ※予定
○ シカゴ ホテル泊 (
8月15日(月)−8月17日(水)) ※予定
 
4. 募集人数・募集対象
15名: 全学部の正規生(但し,通信教育部をのぞく)
 
5. 英語能力基準点
TOEFL iBT 45,TOEFL PBT/ITP 450,IELTS 5.0,TOEIC(IP含む) 450,英検2級,G-TELP (Level 2) 190%
 
6. 旅行の形態
現地集合・現地解散
○ 集合場所: 
シカゴ オヘア国際空港
 (参加者全員が空港からバスに乗りノートルダム大学に向かいます。)

※自己手配することも可能ですが,現地研修開始時期および終了時期に合わせた往復航空便(代行手配便)を用意しています。代行手配便の場合は日本出発: 8月4日(木),日本到着: 8月19日(金)となります。代行手配便の手続き方法などの詳細は合格者にお知らせします。
 
7. 事前研修 (※原則として欠席不可)

○ 5月21日(土)14:30-18:00 三田キャンパス
   短期海外研修プログラム(夏季)第1回全講座合同渡航前オリエンテーション,
講座別講義①

○ 6月25日(土)14:30-18:00 三田キャンパス
   短期海外研修プログラム(夏季)第2回全講座合同渡航前オリエンテーション,
講座別講義②

 
8. 2016年度現地研修概要 (※予定)

■ iSAWT Summer 2016概要は>>こちら

■ iSAWT Summer 2016仮スケジュールは>>こちら (※暫定版のため,今後変更となる可能性があります。)


【American Studies Course: アメリカ研究】
米国の,特に米国中西部の政治,経済,社会,文化について,講義やディスカッション,プレゼンテーションやショートエッセイの作成,そして大学近郊や米国中西部の世界的大都市シカゴへのフィールドトリップを通して学びます。

【US-Japan Business: 日米ビジネス】
講義やリーディング課題,ビデオ鑑賞,そしてディスカッションやプレゼンテーションを通して米国ビジネスの基礎的内容を学ぶとともに,米国と日本における企業哲学や商習慣の比較なども行います。このコースは,全米トップレベルのビジネススクールであるUniversity of Notre Dame Mendoza College of Businessに所属し,日本での滞在経験もある教員によって提供されます。

【English for Academic Purposes: 英語集中研修】
総合的な英語力の向上につながる授業に加え,米国の高等教育機関においても通用するようなアカデミックレベルの英語の基礎についても学べます。

 
9. 単位取得
2単位(秋学期)

本講座の科目は,卒業に必要な単位として認められることがあります。履修単位の取り扱いは各学部・研究科によって異なりますので,各自で学生部学事の所属学部担当に確認してください。

○ 履修申告については>>こちら
 
10. 参加費用概算

1) 研修費用: 約50万円
     内訳: 現地研修費用,事前研修費用,研修中の宿泊費・一部食費
その他研修運営に関わる費用

2) 海外旅行保険および危機管理サポート費用(大学指定): 約1万円
    
(上記は代行手配便利用の基本日程で往復した場合の金額。航空券自己手配の場合は日本出発日から
  日本到着日までの日数により金額が異なる。)

3) 渡航費: 約18万円
     内訳: 往復の航空運賃,空港使用税,燃油サーチャージを含む(代行手配便の場合)


≪注意≫
研修費用は為替の変動によって変わるため,確定額は合格者に後日お知らせします。また
,代行手配便については燃油サーチャージの変動(値上がり)の可能性があります。なお研修費用に含まれない部分の飲食費,超過手荷物運搬料金,渡航手続関係費用,電話代,自由行動時の個人的費用等は自己負担となります

 

11. 奨学金

2016年度については,「慶應義塾創立150年記念奨学金海外学習支援<短期海外研修プログラム(夏季)参加者対象>」 (((1人あたり20万円),もしくはJASSO海外留学支援制度(協定派遣)奨学金」(1人あたり8万円)ノートルダム大学夏季講座参加者に支給される可能性があります。

「慶應義塾創立150年記念奨学金海外学習支援<短期海外研修プログラム(夏季)参加者対象>」および/またはJASSO海外留学支援制度(協定派遣)奨学金に応募する学生は,応募書類を短期プログラム(夏季)応募書類と一緒に出願期間内に提出してください。

○ 「慶應義塾創立150年記念奨学金海外学習支援<短期海外研修プログラム(夏季)参加者対象>」および「JASSO海外留学支援制度(協定派遣)奨学金」に関する詳細は>>こちら
 
12. 科目担当教員
国際センター特任講師 徳永 智子
 
13. 事前研修担当教員
国際センター特任講師 徳永 智子
 

■ 関連HP
○ ノートルダム大学ホームページ: http://www.nd.edu/
○ Rankings, University of Notre Dame: http://www.nd.edu/about/indicators-of-excellence/rankings/
○ Mendoza College of Business, University of Notre Dame: mendoza.nd.edu/