ノートルダム大学春季講座(2020年度)

Updated: 2020/11/27

WhatsApp Image 2017-08-06 at 10.41.55.jpeg  campus birds eye.jpg  WeChat Image_20170808120618.jpg

プログラム概要


● 全米トップレベルのビジネススクールの教員による日米ビジネスの授業が受けられる!
● ノートルダム大学学生とのディスカッションを通して、現地の生活や文化に触れることができる!

ノートルダム大学は,米国中西部インディアナ州にあり,その高い教育研究レベルが米国内外で評価されています。元米国国務長官のコンドリーザ・ライス氏の出身校としても,また,著名なアメリカンフットボール選手を輩出するなどスポーツが大変盛んな大学としても知られています。
「US-Japan Business」の講義は,全米トップレベルのビジネススクールであるUniversity of Notre Dame Mendoza College of Businessの教員により提供され,米国ビジネスの基礎的内容を学ぶとともに,米国と日本における企業哲学や商習慣の比較なども行います。「American Studies」の講義では,米国の政治・経済・社会・文化の側面に重点を置きながら,現代の米国を取り巻く状況について学びます。そして「Global Leadership」では,グローバル化が顕著な現代におけるリーダーシップの意義について学びます。現地学生とのディスカッションも実施予定となっており,講座参加者は米国についての知識を多角的に身につけることができます。

 
1. 開講形態
オンライン
 
2. 研修日程

2021年2月15(月−2月23(火)および 3月11(木)−3月19(金)

 
3. 研修概要 

 「研修概要」は >>こちらPDF

 「研修スケジュール」は >>こちらPDF

※上記は暫定版のため、今後変更になる可能性があります。予めご了承下さい。

 
4. プログラム紹介ビデオ
 >>こちら
 
5. 募集人数・募集対象

20~40名: 全学部の正規生(但し,通信教育部をのぞく)

※最小催行人数に満たなかった場合は中止となります。

 
6. 英語能力基準点

TOEFL iBT 45,TOEFL PBT/ITP 450,IELTS 5.0,TOEIC(IP含む) 450,英検2級,G-TELP (Level 2) 190%
※上記の基準点の内,1つでも満たしていれば講座に応募できます。

※G-TELPの要件は,Grammer・Listening・Reading & Vocabularyの3つのセクションのパーセンテージ(%)を足した総パーセンテージ(%)を示しています。

 
7. 事前研修

英語で授業を受ける際のアドバイス等を収録したものを、オンデマンド形式で各自視聴頂く予定です。詳細は追って合格者に連絡します。 

 
8. 単位取得

2単位(翌年度春学期科目))※本学においての成績評価はPass(合格)/Fail(不合格)でつけられる形となります。

本講座の科目は,卒業に必要な単位として認められることがあります。履修単位の取り扱いは各学部・研究科によって異なりますので各自確認してください。

※ただし,翌年度春学期設置科目として認定されるため,2020年度3月卒業の場合は単位取得はできませんのでご注意ください。

 
9. 参加費用概算

研修費用:$1600

なお、その他研修運営に関わる費用を追加徴収することがあります。確定費用は合格者にご連絡します。

≪注意≫
上記費用の支払いは、1月下旬までを予定しております。

ノートルダム大学のウェブサイトにて直接クレジットカードでのお支払いが必要となります。支払い方法等の詳細は、合格者に追ってご連絡します。

 

10. キャンセル規定

誓約書(出願書類の一部)上に記載がありますので、必ずご確認ください。

誓約書は>>こちPDF

 
11. 科目担当教員
国際センター特任講師 鈴木 理恵
 
12. 事前研修担当教員
※近日公開予定。