【大学院生対象】平成29年度後期(第7期)官民協働海外留学支援制度 ~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~

「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)に基づき、2020年までに我が国の学生の海外留学を倍増するという政府の目標の下、官民が協力して海外留学を支援するために創設された「グローバル人材育成コミュニティ」に参画する企業からの支援により、独立行政法人日本学生支援機構(以下「機構」という。)は、"産業界を中心に社会で求められる人材"、"世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材"の育成という観点から支援するのにふさわしい学生を募集します。

2016.12.15 更新

募集要項

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム奨学金ホームページに詳細が記載されています。内容をよく確認の上、ご応募ください。

http://www.tobitate.mext.go.jp

申請のながれ

1)申請書類の提出 : 2017年1月23日(月)~2月3日(金)16:45まで(郵送必着)
2)担当へのメールの送付 : 2017年2月9日(木)17時00分まで
3)オンライン・システムでの応募申請 : 2017年2月10日(金)23時59分まで

に完了してください。

申請書類及びデータの提出

<注意点>

  • 書類の記入は黒ボールペンを使用してください。添付書類はなるべくA4サイズにそろえてください。 公的機関発行の書類に関してはA4サイズでなくても構いません。
  • 書類は申請チェックリスト1部、家計状況を審査するための書類(1)~(2)1部の順に重ね、提出してください。
  • 書類に不備がある場合、選考の対象にならないことがあります。必ず必要書類を整えて提出してください。
  • 指定している申請書類以外の書類(推薦書など)は、一切受け付けません。
  • 申請書類を提出した後の書類内容の変更はできませんので、提出前によく確認してください。提出された書類は、原則として返却しません。
  • 担当へのメール送付を確認した後、オンライン・システムの入力に必要なキーコードをメールにてお知らせします。

<申請書類>

申請チェックリスト(所定用紙、1部のみ提出)

●家計状況を審査するための書類 (以下の書類を応募学生毎に1部提出)
(1)収入計算書
(2)収入・世帯事情に関する必要書類(本人および配偶者)
  ※定職収入がある場合:「源泉徴収票(写)」〈給与所得〉、または「確定申告書(控) 税務署印のあるもの(写)」〈給与所得以外〉
  ※アルバイト収入がある場合:アルバイト先の収入証明書
  ※奨学金を受けている場合:奨学金採用決定通知、受給額を証明する書類(写)

 

注) 学部生の場合、家計状況を調査するための書類は上記と異なりますので、以下【学部生対象】平成29年度後期(第7期)官民協働海外留学支援制度 ~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~のホームページをご覧ください。

http://www.ic.keio.ac.jp/keio_student/scholarship/tobitate_scholarship.html

 

オンライン・システム

オンライン・システムは、トビタテ!留学JAPANホームページ上にて公開されています。詳細は下記ホームページをご覧ください。

http://www.tobitate.mext.go.jp

オンライン・システム上では以下の作業、提出が必要です。
1)アカウントの登録
2)留学計画の入力
3)自由記述(添付)
4)留学先機関の受入れ許可証等、留学計画の実現性を証明できる文書等の写し(添付)※すでに用意できる方のみ

学内申請締切

持参の場合: 慶應義塾大学 三田キャンパス 学生部福利厚生支援窓口 2017年1月23日(月)~2月3日(金)16時45分まで
※三田以外のキャンパスでは受け付けておりません

郵送の場合: 2017年1月23日(月)~2月3日(金)到着分まで

申請書類及びデータ提出先

申請書類に関して

郵送(書留)または持参により、以下に提出すること。申請書類は申請開始日から上記学内締切まで随時受け付けます。学内締切を過ぎてしまった申請書類は一切受け付けませんので、ご注意ください。

〒108-8345 東京都港区三田2-15-45

慶應義塾大学 学生部福利厚生支援グループ トビタテ留学JAPAN担当 宛

担当へのメール送付に関して

オンライン・システムの入力に必要なキーコードをお知らせするために、担当へのメール申請が必要です。以下のメールを作成し、期日までに送付してください。

●メールの件名は【トビタテ奨学金応募・申請コース名(理系/新興国/世界トップレベル/多様性)・名前】にし、本文に研究科名、課程、学年、学籍番号、氏名、トビタテ!留学JAPAN第7期応募の旨を記載し送付すること。

mita-gksb-fukuri@adst.keio.ac.jp

 

申請上の注意

●申請する前に再度「平成29年度後期(第7期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~募集要項」の中にある「留学計画の申請要件」及び「派遣留学生の要件」をよく確認してから応募してください。要件を満たしていない場合、大学で申請を却下いたしますので、ご注意ください。
●本奨学金は本塾が提供する留学プログラムの他、個人で計画した留学計画も募集対象となります。私費で留学する学生も対象となります。応募要件は「募集要項」をご確認ください。なお、本奨学金に採用された場合、大学指定の留学保険や危機管理サービスへの加入を求めることがありますので、予めご了承ください。
●本塾が提供する交換留学プログラム及びダブル・ディグリープログラム等、学費が免除となる留学プログラムに参加する場合、授業料の支援はありません。
●「留学計画の申請要件」の内、「在籍大学等が教育上有益な学修活動と認める計画」とあります。本塾では、実践活動のみの計画は「教育上有益な学修活動」として認めておりませんので、ご注意ください。この判断は大学に委ねられており、トビタテ事務室にお問い合わせいただき奨励された内容であっても許可されない場合がありますので、ご留意ください。
●本塾で留学中の危機管理が難しいと判断した留学計画は取り纏めの対象にならない場合がありますので、ご了承ください。
●本奨学金は「原則として、日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生」を支援対象としています。しかしながら、機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を超える学生であっても、支援予定人数全体の内、1割程度が支援される予定です。ただし、支援金額は家計基準を満たす学生と異なりますので、ご了承ください。詳細は「募集要項」を参照してください。
●採用後に留学計画を変更する場合、変更手続きを行わなければなりません。変更の内容によっては、再審査の結果、不採択と判定される場合がありますので、ご注意ください。また、変更による支援期間の延長や、増額は認められません。

結果通知・その他

●申請受付後、留学計画および家計状況について学内審査を行います。学内審査通過者の書類をJASSOに提出します。学内審査の結果については、3月24日(金)までにメールでお知らせします。書面審査と面接審査はJASSOにより行われます。書面審査の結果は2017年4月下旬、採否結果は2017年6月中旬を目処に大学に届く予定です。JASSOからの通知を受け取り次第メールでお知らせします。

●面接審査は2017年5月13日、14日に予定されています。
●奨学金の受給者は、留学中もしくは留学後に報告書等を提出する必要があります。また、毎月メールにて在籍報告を行う必要があります。詳細に関しては、受給者にメールにてご案内します。

よくある質問

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム奨学金ホームページに「よくある質問」が公開されています。

https://tobitate.jasso.go.jp/faq/

また、過去の申請に当たり、本学の応募者からの「よくある質問」を別にまとめましたので、ご覧ください。

慶應義塾大学Q&A

お問合せ先

奨学金の学内締切、書類の提出については、以下にお問い合わせください。
慶應義塾大学 学生部福利厚生支援グループ トビタテ留学JAPAN担当
・E-mail:mita-gksb-fukuri@adst.keio.ac.jp


それ以外の質問については、トビタテ奨学金ホームページの問い合わせフォームにてお問い合わせください。また、応募者の質問がFAQにまとめられていますので、定期的にホームページのFAQを確認することをお薦めします。
http://www.tobitate.mext.go.jp