McDonnell International Scholars Academyと本学が協定締結。ワシントン大学(セントルイス)修士・博士課程への進学者対象奨学金募集開始。

本学は2016年6月にワシントン大学セントルイス(Washington University in St. Louis(WUSTL))との間で「McDonnell International Scholars Academy」のパートナーシップに関する協定を締結しました。
WUSTLは7つの大学院と学部を擁し、全米でトップレベルとされる私立大学です。「McDonnell International Scholars Academy」は、世界各国から優秀な奨学生を集めてグローバル・リーダーに育てるプログラムのもと設置されたWUSTL学長直轄の機関です。本Academyは、現在、20数カ国、約30トップ大学をパートナーシップ校としており、日本では慶應義塾大学と東京大学が参画しています。McDonnell International Scholars奨学生には、ワシントン大学セントルイスの大学院課程の学費および留学に伴う生活費等の奨学金が付与され、McDonnell International Scholars Academyのプログラムを通じてGlobal Communityについて学ぶ機会が提供されます。
 

奨学生の資格および申し込み方法

奨学生は、パートナーシップ校の出身者で、WUSTLの修士・博士課程プログラムに入学許可を受け、学位取得に向けて各課程に在籍する者です。志願者は、各自、WUSTLの修士・博士課程プログラムにへ出願すると共に、McDonnell International Scholars Academyへも出願を行います。本学では、選考や募集を行っておりませんので、志願者は、直接WUSTLへ応募します。

詳しくは、WUSTL、McDonnell International Scholars Academyについては、以下のURLをご参照ください。
https://wustl.edu/
https://global.wustl.edu/mcdonnell-academy/

問い合わせ先

出願・応募資格等についてご不明な点は、上記ウェブサイトを参照の上、ワシントン大学(セントルイス)へお問い合わせください。