Keio University
English
検索 HOME
CEMS

CEMS MIMプログラム

CEMS MIM (CEMS Master’s in International Management)プログラム は、CEMSと慶應義塾大学が提供する修士号ダブルディグリープログラムです。CEMS MIMでは、グローバルに活躍するビジネスパーソンに必要な高い能力と、国際人としての良識を養うことを追及しています。

年間800人以上の学生が世界50カ国からCEMS MIMプログラムに参加しています。CEMS MIMプログラムに参加するには、CEMS提携校の修士課程への入学が条件となります。慶應義塾大学では、経済学研究科、商学研究科、メディアデザイン研究科のどれかの修士課程への入学が必要です。

CEMS MIMは、3学期間(Term1, Term2 & インターンシップ)にわたり、CEMS専門科目履修(Global Strategy Course, Global Management Practice Courseは必修科目)、ビジネスプロジェクトへの参加の他、母校での修士課程在籍中に10週間の海外でのインターンシップで実践経験を積むことになります(この3学期間[1年間]を「MIM Year」と呼びます)。慶應義塾大学大学院経済学研究科/商学研究科/メディアデザイン研究科に所属するCEMS生は、このMIM Yearの3学期間の内、2学期間を海外のCEMS提携校またはインターンシップ先で履修することになります(注)。また、海外のCEMS提携校に所属するCEMS生で慶應義塾大学への交換留学を希望する学生は、所属CEMS校内での選抜を経て、MIM Yearの1学期間を慶應義塾大学で履修することができます。

CEMS MIMは、CEMS提携企業とのネットワークにより、理論だけではなく実践にも強いプログラムを提供しています。そうしたCEMSとして共通する高い質を保ちつつも、各CEMS提携校では、独自の強みを生かしたカリキュラムを組んでいます。慶應義塾大学では、経済学研究科/商学研究科/メディアデザイン研究科によって、より幅の広い分野のプログラムを提供しています。

 さらに詳しい情報は、慶應義塾大学大学院経済学研究科/商学研究科/メディアデザイン研究科に所属する学生(あるいはその予定)の方は、For Keio Studentsにアクセスしてください。慶應義塾大学以外のCEMS提携校に所属する学生(あるいはその予定)の方で慶應義塾大学への交換留学(MIM Yearの1学期間)を希望する方は、For CEMS Exchange Studentsへアクセスしてください。

(注)それぞれの学期で別の国に留学しなければなりません。

下記リンクよりCEMS MIMプログラムについてのビデオを公開していますのでご参照ください。(※英語のみ)
  1. The World of CEMS (CEMS概要)
  2. How to become a CEMS student? (CEMSへの参加方法)
  3. CEMS MIM (CEMS MIMプログラム)
  4. The CEMS experience (CEMSエクスペリエンス)