2012.03.14

講演会「グローバル・キャリアのすすめ:国際機関で働くという選択」を開催しました

慶應義塾大学国際センターおよび国際人材創出支援センター主催の講演会「グローバル・キャリアのすすめ:国際機関で働くという選択」が、2012年1月27日(金)に三田キャンパス北館ホールで開かれました。
国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所所長の石井詳悟氏、世界銀行東京事務所所長の谷口和繁氏、そして財務省大臣官房参事官であり、IMF世界銀行総会準備事務局長である仲浩史氏の3名による講演は、慶應義塾大学国際センター所長の友岡賛教授の司会のもと、国際担当常任理事の阿川尚之教授および国際人材創出支援センターの松平恒和理事長のご挨拶で始まりました。
上記3名の講演者の方々は、主に国際通貨基金(IMF)と世界銀行に焦点を当て、両機関の活動や魅力について、ご自身の経験や体験をもとに話されました。
約100名の来場者の中には本学の学生や両センターの関係者だけでなく、国際機関に関心のある一般の方々もみられ、聴衆との質疑応答もある中、活発な議論と意見交換が行われ、慶應義塾大学大学院商学研究科の柏木茂雄教授の挨拶のもと、成功裏に閉会を迎えました。
 

慶應義塾大学国際センターおよび国際人材創出支援センター主催の講演会「グローバル・キャリアのすすめ:国際機関で働くという選択」が、2012年1月27日(金)に三田キャンパス北館ホールで開かれました。
国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所所長の石井詳悟氏、世界銀行東京事務所所長の谷口和繁氏、そして財務省大臣官房参事官であり、IMF世界銀行総会準備事務局長である仲浩史氏の3名による講演は、慶應義塾大学国際センター所長の友岡賛教授の司会のもと、国際担当常任理事の阿川尚之教授および国際人材創出支援センターの松平恒和理事長のご挨拶で始まりました。
上記3名の講演者の方々は、主に国際通貨基金(IMF)と世界銀行に焦点を当て、両機関の活動や魅力について、ご自身の経験や体験をもとに話されました。
約100名の来場者の中には本学の学生や両センターの関係者だけでなく、国際機関に関心のある一般の方々もみられ、聴衆との質疑応答もある中、活発な議論と意見交換が行われ、慶應義塾大学大学院商学研究科の柏木茂雄教授の挨拶のもと、成功裏に閉会を迎えました。

講演会開始前

講演前に配布資料に目を通す学生

  国際人材創出支援センターの松平恒和理事長  

国際人材創出支援センターの松平恒和理事長

世界銀行東京事務所所長の谷口和繁氏

世界銀行東京事務所所長の谷口和繁氏

質問をする塾生

講演者に質問を行う塾生

大学院商学研究科の柏木茂雄教授の閉会の挨拶    

大学院商学研究科の柏木茂雄教授による

阿川常任理事による開会の挨拶

阿川尚之常任理事による開会の挨拶

国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所所長の石井詳悟氏

IMFアジア太平洋地域事務所所長の石井詳悟氏

IMF世界銀行総会準備事務局長の仲浩史氏

IMF世界銀行総会準備事務局長の仲浩史氏
会場の様子

会場の様子

司会を務める慶應義塾大学国際センター所長の友岡賛教授

司会を務める国際センター所長の友岡賛教授(最右)閉会の挨拶