国立台湾大学 スプリングプログラム

Updated: November 15, 2016

1928年に設立された国立台湾大学は、現在11のカレッジがあり、60ヶ国を超える国や地域からの留学生を含めた、約33,000人の学生が所属しています。台湾最大規模の総合大学であり、台湾国内における大学のトップとしての評価を受けています。2017年2月から5月の間に、中国語のノンネイティブスピーカーの学生を対象とした、中国語・中国文化・中国の古典に関する春季プログラムを実施します。「1) Chinese Language & Culture (2017年2月27日~3月20日)」、「2) English Language & Culture (2017年3月5日~3月19日)」、「3) Science & Taiwanese Culture (2017年4月29日~5月5日)」、「4) Innovation, Entrepreneurship, and Sustainability (2017年3月7日~3月24日)」の4種類のプログラムが開講されます。それぞれ開講期間および応募期間が異なりますので注意してください。

本プログラムの詳細(スケジュール、内容、宿泊施設、費用、保険等)について、国立台湾大学の以下のサイトで確認のうえ、興味のある学生は奮ってお申し込みください。

国立台湾大学スプリングプログラム:
http://www.oia.ntu.edu.tw/short-term-programs/ntu-springplus/ntu-springplus-programs

 

募集対象

(1)正規生として本学に在籍する学部生と大学院生。(但し、通信教育部をのぞく)

(2)プログラム参加期間も本学に在籍していること。

(3)英語レベル:中級以上

 

授業料等割引の有無

協定校である慶應義塾大学から申し込んだ場合は、授業料の割引を受けることができます。

 

申し込みからプログラム参加までの流れ

以下の (1) および (2) を行ってください。((1) と (2) の締切りが異なります。ご注意ください。)

(1) 国立台湾大学の指定するオンライン願書入力・送信、必要書類を各自で準備 (締切※1)→ 参加費納入(各自で国立台湾大学と直接やり取りをする)→ 航空券手配等の渡航手続き(各自) → 海外旅行保険および危機管理支援サービスに加入(慶應義塾大学の指示に従って加入)→ 現地でプログラム参加

(2) 慶應義塾大学のウェブサイトからオンライン登録(締切※2) → 慶應義塾大学に誓約書を提出(締切※2)

 ※1 1),2),4) 2016年12月31日(土) / 3) 2017年2月10日(金)
 ※2 1),2),4) 2016年12月27日(火) / 3) 2017年2月10日(金)

 

申し込みについて(国立台湾大学の指定するオンライン願書および慶應義塾大学のオンライン登録・誓約書提出)

以下の (1) および (2) を行ってください。((1) と (2) の締切りが異なります。ご注意ください。)

(1) 国立台湾大学が作成する以下のサイトの指示に従って、国立台湾大学オンライン願書を各締切日(※1) までに入力・送信してください。

http://www.oia.ntu.edu.tw/short-term-programs/ntu-springplus/ntu-springplus-programs

(2) 慶應義塾大学の以下のサイトの指示にしたがって、各締切日(※2) までにオンライン登録を行ってください。

https://wwwdc01.adst.keio.ac.jp/kj/ic/exchange/2016_partner_program_summer_reg.html

また、誓約書一部を各締切日(※2) までに、学生部国際交流支援グループ(三田)事務室の窓口受付時間内8:45-16:45に持参してください。持参できない場合は、学生部国際交流支援グループ(〒108-8345東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学学生部国際交流支援グループ 協定校短期プログラム担当)まで締切日必着で郵送(宅急便も可)してください。

>>誓約書ダウンロード

  ※1 1),2),4) 2016年12月31日(土) / 3) 2017年2月10日(金)
  ※2 1),2),4) 2016年12月27日(火) / 3) 2017年2月10日(金)

 

 

海外旅行保険および危機管理支援サービスについて

国立台湾大学スプリングプログラム参加中(出入国含む)の緊急事故や不測の事態への対応およびサポートのため、本プログラムの参加者全員に、本学国際センターが指定する海外旅行保険および危機管理支援サービスに、日本出発から帰着日まで(プログラム期間中および前後に旅行や帰省等で日本を出国する場合はその期間を含む)の期間加入すること、およびそれにかかる海外旅行保険および危機管理支援サービス費用の支払いを義務づけております。参加者およびその保証人は24時間対応のサポートを国際フリーダイヤル・コレクトコールで利用すること等が可能となります。所定の費用を支払わないことは、理由の如何を問わず認められません。 なお、これらの費用は包括契約のため割安になっており、日本を離れる期間によって異なりますが、1ヶ月間で約1万4,000円となります。自己手配で現地プログラム参加前後に旅行等をする場合でも、その期間を含めて所定の旅行保険料および危機管理支援サービス費用をお支払いください。振込の方法やサポート内容の詳細は申し込みをされた方にお知らせします。

 

参加を辞退する場合

やむをえず参加を辞退する場合は、ただちに協定校短期プログラム担当 (学生部国際交流支援グループ(三田キャンパス))に申し出てください。なお、参加費用等納入後に辞退する場合は、国立台湾大学の指定するキャンセル料がかかる場合がありますのでご注意ください。

 

問い合わせ先

学生部国際交流支援グループ(三田キャンパス) 協定校短期プログラム担当

ic-partner-program@adst.keio.ac.jp