ブルネイ・ダルサラーム大学文化体験研修(Global Discovery Programme)

Updated: October 27, 2017

 

1985年に設立されたブルネイ・ダルサラーム大学はボルネオ島に位置し、首都のバンダルスリブガワン郊外にある国立大学です。4週間のGlobal Discovery Programmeではブルネイの文化、歴史、環境、ビジネスについて学びます。授業だけでなくフィールドトリップも多く組まれており、実践的な活動を通して、イスラム社会を中心とした多文化社会を体験できます。今回はDiscover Brunei Course(2018年8月6日~9月2日開催)について募集をいたします。なお、本プログラムを受講しても、慶應義塾大学での単位付与はありません

本プログラムの詳細(スケジュール、内容、宿泊施設、費用、保険等)については、ブルネイ・ダルサラーム大学の以下のサイト等で確認のうえ、興味のある学生は奮ってお申し込みください。

<プログラム概要>

ブルネイ・ダルサラーム大学 Global Discovery Programme (GDP)

Discovery Brunei Course

youtube video (August 2017)

プログラムスケジュール (※2017年のもの。近日中に2018年用へ更新予定です。)

※ プログラムの案内、講義は全て英語で行われます。但し、申込に当たって、語学の能力証明書の提出は必須ではありません。
※ プログラム全期間に参加できる学生に限ります。予定を確認の上、応募をしてください。

 

募集対象

(1) 正規生として本学に在籍する学部生と大学院生。(但し、通信教育部をのぞく)

(2) プログラム参加期間も本学に在籍していること。

(3) 英語レベル:中級以上(本プログラムは語学研修ではありません)

 

プログラムの費用

USD 1,500 (約18万円※)
内訳:期間中の宿泊費,交通費(現地における空港送迎費を含む),食費,課外活動参加費

本来は授業料およびプログラム期間中の宿泊費,交通費,食費,課外活動参加費を含めて、USD 2,500 (約30万円※)ですが、塾生の場合、授業料(USD1,000)が免除となります。この授業料免除は、塾生10名まで適用となります。応募者が10名以上の場合は選考をいたします。この他、ブルネイまでの渡航費、海外旅行保険、個人的費用は自己負担です。

なお、宿泊先はキャンパス内にあり、5つの個室と共用部(リビング,キッチン,トイレは共用)で構成されています。

※ 1ドル=120円 の場合

 

申し込みについて(ブルネイ・ダルサラーム大学の指定する願書および慶應義塾大学のオンライン登録・誓約書提出)

以下の(1) ~ (3)を行ってください。

(1) 慶應義塾大学の以下のサイトの指示にしたがって、2018年6月1日(金) までに、オンライン登録を行ってください。

https://wwwdc01.adst.keio.ac.jp/kj/ic/exchange/2018_partner_program_summer_reg.html

(2) 誓約書1部を2018年6月1日(金) までに、学生部国際交流支援グループ(三田)事務室の窓口受付時間内8:45-16:45に持参してください。持参できない場合は、学生部国際交流支援グループ(〒108-8345東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学学生部国際交流支援グループ 協定校短期プログラム担当)まで締切日必着で郵送(宅急便も可)してください。

  誓約書 >> ダウンロード

(3) ブルネイ・ダルサラーム大学が指定する以下の応募書類一式を、2018年6月1日(金) までに学生部国際交流支援グループ(三田)事務室の窓口受付時間内8:45-16:45に持参してください。持参できない場合は、学生部国際交流支援グループ(〒108-8345東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学学生部国際交流支援グループ 協定校短期プログラム担当)まで締切日必着で郵送(宅急便も可)してください。なお、提出書類は一切返却いたしません。必要なものは各自で必ず事前にコピーを取ってください。

  1. GDP Application Form
  2. Health Record Form
  3. パスポートのコピー
  4. 顔写真(パスポート用サイズ、縦45mm × 横35mm)

 

海外旅行保険および危機管理支援サービスについて

ブルネイ・ダルサラーム大学GDP参加中(出入国含む)の緊急事故や不測の事態への対応およびサポートのため、本プログラムの参加者全員に、本学国際センターが指定する海外旅行保険および危機管理支援サービスに、日本出発から帰着日まで(プログラム期間中および前後に旅行や帰省等で日本を出国する場合はその期間を含む)の期間加入すること、およびそれにかかる海外旅行保険および危機管理支援サービス費用の支払いを義務づけております。参加者およびその保証人は24時間対応のサポートを国際フリーダイヤル・コレクトコールで利用すること等が可能となります。所定の費用を支払わないことは、理由の如何を問わず認められません。 なお、これらの費用は包括契約のため割安になっており、日本を離れる期間によって異なりますが、1ヶ月間で最大1万4,000円程となります。自己手配で現地プログラム参加前後に旅行等をする場合でも、その期間を含めて所定の旅行保険料および危機管理支援サービス費用をお支払いください。振込の方法やサポート内容の詳細は申し込みをされた方にお知らせします。

 

参加を辞退する場合

やむをえず参加を辞退する場合は、ただちに協定校短期プログラム担当 (学生部国際交流支援グループ(三田キャンパス))に申し出てください。なお、参加費用等納入後に辞退する場合は、ブルネイ・ダルサラーム大学の指定するキャンセル料がかかる場合がありますのでご注意ください。

 

問い合わせ先

学生部国際交流支援グループ(三田キャンパス) 協定校短期プログラム担当

ic-partner-program@adst.keio.ac.jp