2016年アジア・ユースリーダーズ 参加者募集

(Updated: 5 April, 2016)

一般財団法人イオン1%クラブは、高校生・大学生による多国間ディスカッションプログラム「アジア・ユースリーダーズ」を開催します。このプログラムは、アジア諸国からの大学生・高校生が一堂に会し、開催国の環境・経済・社会等の問題についてディスカッション・発表を行い、多国間交流を通じて価値観の多様性を学ぶとともに同世代の友人ネットワーク構築の機会を提供するもので、次代を担う若者の社会・環境意識の向上、並びに、グローバルリーダー育成を目指します。現実的な社会・環境問題(2016年のテーマ:水質保全問題)についての学習、視察、チームディスカッションを通じ、解決に向けたロジックを磨くことが期待できます。

国際交流支援グループではこのプログラムに参加する学生を募集します。

プログラム概要

(1)内容
一般財団法人イオン1%クラブが主催し、日本、中国、ベトナム、インドネシア、マレーシア、タイの学生が、環境・経済・社会等の問題についてディスカッション等を行い、多国間交流を通じて価値観の多様性を学ぶとともに同世代のネットワーク構築の機会を提供するもので、次代を担う若者の社会・環境意識の向上やグローバルリーダー育成を目指すプログラムです。
(2)テーマ
   - 水質保全問題
(3)実施期間: 2016年8月21日(日)~8月27日(土)
   8月20日(土) 一部の国が開催地に向けて出発
   8月21日(日) オリエンテーション、ウェルカムレセプション
   8月22日(月) アイスブレイキング活動
   8月23日(火) 水質保全状況講義、学校訪問・視察(ヒアリング)
   8月24日(水) 水質保全・管理の関連施設視察等
   8月25日(木) チームディスカッション
   8月26日(金) プレゼンテーション発表会・表彰式・懇親会
     8月27日(土) 帰国
         ※これに先立ち、7月上・中旬に日本国内で事前勉強会開催予定

(4)開催地:  タイ王国、バンコク市
(5)使用言語: 英語
(6)参加者数: 合計130名程度(高校生60名、大学生55名、他20名程度)

参加資格

(1)正規生として本学に在籍する学部生のうち、プログラム開催時に18-22歳の者(ただし,通信教育部生をのぞく)。
(2)日本国籍を有していること。
(3)環境問題に関心を持っていること。
(4)ディスカッションと発表のために指定された以下の英語能力のうち、いずれかを有していること。
TOEFL(PBT 570点以上、iBT 80点以上、CBT230点以上)、IELTS 6.5以上、TOEIC 730点以上、実用英語能力検定 準1級以上
(5)7月上・中旬に予定されている事前勉強会に必ず参加すること。
(6)健康状態が良好であること。
(7)参加学生に選出された場合、本学国際センター指定の海外旅行保険および危機管理支援サービスに加入すること。日本出発から帰着日までの期間加入することを義務づけています。加入しない場合は参加できません。

費用

(1)イオン1%クラブが負担するもの
  往復渡航券、事業実施中のタイでの宿泊、交通、食事、等の費用
  ※往復航空券は原則としてイオン1%クラブが手配します。
(2)参加者が負担するもの
  海外旅行保険料および危機管理支援サービス登録料、事前勉強会へ参加するための交通費、出発日の集合場所まで交通費、開催国に滞在中の個人の小遣い等

募集・選考日程

(1)オンラインデータ登録:2016年4月28日(木) 15:00まで
    登録はこちら  ※終了しました※
(2)書類提出締切:2016年4月28日(木)(必着)
  受付場所:三田キャンパス学生部国際交流支援グループ
  受付時間:窓口取扱い時間中
  ※郵送での提出も可。ただし、郵便トラブル等により期日内に到着しなかった場合は、考慮しません。
  郵送の場合は、封筒に「2016年アジア・ユースリーダーズ出願書類」在中と朱書きの上、以下まで送付すること。
    〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学学生部国際交流支援グループ
(3)学内選考合格発表:2016年5月中旬予定
(4)合格者決定:2016年6月中旬~下旬予定


※学内選考の結果を以って、本学からイオン1%クラブに合格者を推薦します。その後、イオン1%クラブによって選考が行われ、参加者が決定されます。学内選考合格がプログラム参加を保証するものではありません。

出願書類

(1)APPLICATION FORM(所定フォーム)
(2)CONSENT FORM &PERSONAL INFORMATION PROTECTION(所定フォーム)
(3)最新の学業成績表のコピー (2016年3月に保証人宛てに送付されたもの。学部1年生は不要です。 )
(4)英語能力証明書のコピー (TOEFL、IELTS、TOEIC、実用英語能力検定のもので「参加資格」欄に記載されたスコア・級を有していることが証明できるもの。証明書を提出できない学生は応募できません。)
(5)パスポートの顔写真のページの写し
(6)Checklist
(7)顔写真のデジタルファイル(JPEG、GIF、BMP形式) ※学内選考合格者のみ後日提出すること。出願時には提出不要。

(1)~(5)のすべての書類を番号順に揃えた「原本セット」(左上をホチキス留め)、これらの書類のコピーを同じく番号順に揃えた「コピーセット」(左上をホチキス留め)の2セットに(6)応募チェックリスト1枚(提出前に自分でチェックすること)を一番上に添えて提出してください。

海外旅行保険および危機管理支援サービスについて

プログラム中(出入国含む)の緊急事故や不測の事態への対応およびサポートのため、本プログラムの参加者全員に、本学国際センターが指定する海外旅行保険および危機管理支援サービスに、日本出発から帰着日まで(研修期間および前後に旅行や帰省等で日本を出国する場合はその期間を含む)の期間加入すること、およびそれにかかる海外旅行保険および危機管理支援サービス費用の支払いを義務づけております。参加者およびその保証人は24時間対応のサポートを国際フリーダイヤル・コレクトコールで利用すること等が可能となります。加入しないことは、理由の如何を問わず認められません。

問い合わせ先

学生部国際交流支援グループ(三田キャンパス) 
※一般財団法人イオン1%クラブが主催するプログラムのため、プログラムの内容についてはお答えいたしかねます。
ic-student@adst.keio.ac.jp