夏季講座に参加したOB・OGの声

2017年度ワシントン大学夏季講座参加 K・Hさん

会社の休みを利用して、1週間程シアトルに再渡米しておりました。

短期留学プログラムで通っていたワシントン大学には勿論、昨年の担当教授やピア(現地の大学生)などとも再会する事が出来ました
 
非常に懐かしさが込み上げると同時に、遅ればせながら大学の最終学年でプログラムに参加して、ドメスティックな思考に凝らない経験が出来て良かったと再認識しました。
 
午前中に英語自体の講義をして頂いた先生には、「教え子に再会できる喜びがあるから教師を続けている」との言葉を頂き、リップサービスでもそう言って頂けた事に深く感動し、本当に良い先生に出会えたと感じました。
 
よく短期留学は英語が伸びないから行く必要はないとの意見も昨今あります。しかし、私は、英語力以外でも、異国の地で頼りにすることの出来る恩師や友達と出会う事、日本では馴染みの薄い学問の話を聴講できる事、自分の知らない事を体験できる事(直接数値化できない経験という財産)も含めて、休みの期間を利用して行く事は有意義な事だと思っております。
 
IMG_9114.JPG
                          (先生との再会)
 
peerとの写真.jpg
                          (ピアとの再会)