英語の語学能力証明書が必要な大学へ派遣を希望する方へ

出願資格」にも記載があるとおり、英語の語学能力証明書が必要な大学への派遣を希望する場合には、以下の要件を満たすことが必要です。

英語の語学能力証明書が必要な大学への派遣を希望する場合は、TOEFL iBT において総合70 点以上もしくはIELTS において総合5.5 以上であること。

なお、学内出願時点において協定校が定める語学能力要件の最低基準よりTOEFL iBT において総合10 点以上、またはIELTS において総合1.0 以上下回る場合には、当該協定校を志望大学に挙げることができません。

TOEFL iBTの場合には総合70点以上なければ学内選考に出願することができず、さらに自身のスコアが各協定校の定める語学能力要件の最低基準点(Minimum language proficiency)と10点以上離れている場合にはその大学を志望校に挙げることができません。
IELTSの場合には、総合5.5点以上なければ学内選考に出願することができず、自身のスコアが各協定校の定める語学能力要件の最低基準点と1.0点以上離れている場合にはその大学を志望校に挙げることができません。
出願資格を満たさない協定校を志望校として挙げた場合、当該協定校は選考の対象となりません。注意してください。

また、上記の語学能力要件は学内出願資格として定める必要最低限の基準です。各セクション(Reading, Listening, Speaking, Writing)ごとの点数も含め、協定校が定める語学能力要件を学内出願時点で満たしていることが強く望まれます。学内選考通過後、協定校への出願手続きを行う段階で協定校が定める語学能力要件を満たしていない場合には、原則として協定校からの受入許可がおりません

【具体例】

ご自身のスコア ①学内選考 出願 ②志望校 選択
TOEFL iBT 総合65点 × ×
TOEFL iBT 総合75点

協定校が定める語学能力要件の最低基準点:TOEFL iBT 総合70点の場合

○ (基準点 +5点)

協定校が定める語学能力要件の最低基準点:TOEFL iBT 総合84の場合

○ (基準点 -9点)

協定校が定める語学能力要件の最低基準点:TOEFL iBT 総合85の場合

× (基準点 -10点)

IELTS 総合5.0点 × ×
IELTS 総合6.0点

協定校が定める語学能力要件の最低基準点:IELTS 総合5.5点の場合

○ (基準点 +0.5点)

協定校が定める語学能力要件の最低基準点:IELTS 総合6.5点の場合

○ (基準点 -0.5点)

協定校が定める語学能力要件の最低基準点:IELTS 総合7.0点の場合

× (基準点 -1.0点)